プエラリアの医薬品

プエラリアの医薬品

多くの女性を魅了している成分のプエラリアですが、どのような製品として販売されているのでしょうか。
一般的にはサプリメントとして見かける機会が多いですが、はたしてこの成分は医薬品なのでしょうか。
答えはノーです。

強力な成分にもかかわらず、なぜ医薬品に指定されていないのでしょうか。
それには2つの理由があります。
まず1つ目は、プエラリアの希少性です。

ミャンマーやタイの、山間にしか自生していない植物ですし、群性もしないことがわかっています。
非常にデリケートな植物なので、大量生産にも向いていません
そこで、自生手厚く保護しながら販売されているので、医薬品のように大量消費は不可能と言われています。

2つめに、臨床数の少なさです。
まだこの成分の効力が認められるようになってから、長期間たっているわけではありません。
生産にも限りがあるので、まだまだ臨床数が足りないのです。

医薬品化していくには、量産も必要なうえ、臨床素も膨大な量で必要とされるので、プエラリアのように希少性の高いものは難しいでしょう。
このような点から医薬品には出来ていませんが、その効果は絶大です。
摂り過ぎは副作用もあるとされているので、自己責任の部分があります。
使用上の注意を守りましょう。