妊娠・授乳中のプエラリアに関して

妊娠・授乳中のプエラリアに関して

女性ホルモンを助けてくれる救世主として、特に更年期障害に悩む女性たちを支えている人気の有効成分があります。
それは巷でも話題の的になっている「プエラリア」です。
このプエラリアには、今までの美容成分とは一線を画した、素晴らしい効果が隠されています。

例えば、代表的な効果にバストアップが挙げられます。
私たちの体内に居る女性ホルモンを活性化させる、植物性エストロゲンの効果がこのバストアップを実現してくれるのです。
マメ科の植物であるプエラリアには、根の部分に植物性エストロゲンや、イソフラボンが配合されています。

特にイソフラボンは、大豆の実に40倍にものぼり、極めて高い美容効果も期待できるのです。
しかし、ホルモンに作用する成分のため、摂取には多少の注意が必要です。
それは妊娠・授乳期間中です。

妊娠中や授乳中は、胎盤や母乳を通して成分が胎児や赤ちゃんへ移行します。
ホルモンの強い影響を受けてしまいかねないので、この期間中は摂取を避けるべきでしょう。
もちろん、気の期間が終われば再び摂取はできるので心配は要りません。
大切な赤ちゃんを守るために、ホルモンバランスの変動が激しいこの期間は、プエラリアの摂取をお預けにしましょう。